まずは自分が肥満なのか数値を出してみる

健康維持の基本は体重が適正であることでもあり、まずは自分が肥満なのか数値を出してみることも大切です。
それがBMIチェックであり、その人の身長からみての体重の割合を示すことができる体格指数です。
BMI値は手軽にわかる肥満度の目安になりますので、数字を入れて計算をしてみましょう。
BMIの数値が18.5未満であった場合は、標準よりも数値が小さいために、標準よりも痩せていることになります。
太り過ぎはよくないものの、ガリガリに痩せ過ぎるのも体力がなくなってしまうので注意です。
ハードなダイエットで痩せ過ぎに入っているとしたら、それは健康問題にも関わるので、ある程度の筋肉は付けることです。
食欲がなくて体重が減ってしまうのなら、健康診断を受けてみることです。
特に異常がないならば、食事をキチンと食べてから、運動をすることで、健康体に近づきやすくなります。
計算をしてBMIの数値が18.5から25未満であったら、それは標準の範囲内になります。標準値というのは、体を動かすにもスムーズで、体力もあって元気で過ごしやすいです。
気をつけたいのは、密かに太っているタイプです。体重が標準の範囲で気持ちが緩んでいては要注意でり、実は隠れ肥満の日本人も結構いるからです。
多すぎる密かな体脂肪とは縁を切るためにも、日頃から体を動かすことです。本格的に宜しくはないのは、BMIの数値が25以上を超えてしまうパターンです。
BMIは標準を超えて高くなるので、数字的にも明らかに肥満の判定になります。
肥満は見た目の問題だけではなく、日本人の抱える問題である活習慣を引き起こすので、この先の人生を健康に過ごすためには手放すべきことです。

肥満は老化の原因にもなる

肥満が動脈硬化や心筋梗塞など生活習慣病の原因になることはみなさんご存じでしょう。
しかし、それだけではありません。肥満は老化の原因にもなっていたのです。肥満の方は血中の糖の濃度が高いです。
その血糖値を下げようと働くのがインシュリンというホルモンです。インシュリンが放出されると、本来脂質から燃焼されるはずが先に糖質を燃焼させ始めます。
そして、糖質が燃焼する際に大量に発生するのが活性酸素です。この活性酸素が、健康な細胞を傷つけ老化させます。
活性酸素が体内で多く発生すると、皮膚はコラーゲン繊維が破壊されてハリを失い、さまざまな病気の原因の90%が活性酸素とまでいわれています。
また、肥満の方は生活習慣でも老化を招きやすいです。肥満の方は体が重く、動くのが億劫になってしまいます。
ほとんど動かない生活を送っていれば筋肉は衰え、筋肉が衰えれば基礎代謝の減退につながります。
基礎代謝が下がれば消費カロリーは格段に下がり、肥満の原因になります。脂肪が蓄積されると毛細血管を圧迫し、セルライトになります。
そうすると皮膚表面に十分な栄養が行き届かなくなり、肌はくすみ、セルライトのせいでデコボコになります。そんなことになる前に、肥満を解消していきましょう。
まずは食生活の改善から。普段の食事を和食に変えるだけでカロリーや糖質、脂質の摂取量が格段に変わってきます。
薄味を心がけ、なるべく揚げ物は避けましょう。出汁のうまみを効かせることで塩分を控えることができます。
また、野菜を意識してとることでカロリーを抑えても満腹感が得られます。次に適度な運動をしてみましょう。
散歩程度の運動から始めてみると長続きすると思います。小さいことからでも毎日の継続が大きい成果を生み出すのです。

肥満治療の内容とは

日々の健康で気になるポイントの一つに肥満を挙げる方も多いのではないでしょうか。
さまざまなダイエットに取り組んだけれど、結果がまったくでない方や、ダイエットに成功するものの落とした体重を維持することができずにリバウンドしてしまう方などダイエットの失敗もさまざまです。
そんな方におすすめなのが肥満外来です。ここでは肥満外来の治療内容について紹介します。
まず、肥満外来の対象になる人についてです。
肥満外来ではBMIが25以上で「太りすぎ」と判定される人や、ウェストが男性で85cm、女性で90cm以上の人を対象として治療や検査を行います。
これらの条件に当てはまる人は、一度内科を受診して、健康障害や合併症などが無いか検査してもらうとよいでしょう。
肥満外来での治療内容は、病院によってさまざまです。内科を主にするクリニックでは高血圧や糖尿病など生活習慣病に対するケアを行ってくれます。
また、肥満と密接に関係する心の治療を行ってくれる精神科や心療内科もあります。さらに、痩身を治療内容に取り入れているクリニックもあります。
美容外科や美容皮膚科の場合は脂肪吸引などの施術を行ってくれます。
治療の最初に肥満の原因が食生活や運動不足などから来るものなのか、ホルモン異常などの病的な原因があるのかを検査を行います。
その後、生活習慣の分析と体質から現在の状況に応じた治療プログラムが組まれます。
基本的には、医師や栄養士の指導の下、食事療法と運動療法を中心に治療は進められます。
BMIが35を超える場合は、食欲抑制剤などを処方して薬物による治療を行う場合もあります。
さらに状況によっては、入院による治療を行っている病院もあります。